« アカデミー賞前夜、ついに偉業達成! | トップページ | 福留孝介、歴史的デビュー! »

2008年2月29日 (金)

アカデミーはやはり混戦だった

今年のアカデミー賞は混戦でしたね~。

私の予想はこちら

主な賞はこのとおり

【作品賞】

No Country for Old Men/ノー・カントリー

【主演男優賞】

ダニエル・ディ・ルイス「There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

【主演女優賞】

マリオン・コティヤール「Le Vie En Rose/エディット・ピアフ~愛の賛歌」

【助演男優賞】

ハビエル・バルデム「No Country for Old Men/ノー・カントリー」

【助演女優賞】

ティルダ・スウィントン「Michael Clayton/フィクサー」

結局【作品賞】と【助演男優賞】が当たりました。

私がびっくりしたのは主演女優賞の「マリオン・コティヤール」。フランスの女優さんです。美人です。去年、ラッセル・クロウ主演の相手役で「A Good Year」という映画に出ていて、フランスの女優さんてキレイだな~、と骨抜きにされた、そんな女優さんなんですが、まさか映画「エディット・ピアフ」と同一人物だとは!

Ms205 これが

Ms206 映画ではこうなってます

ここまでやっちゃったら主演女優賞ですわな。

しかし以前、シャーリーズ・セロンが「モンスター」でオスカー取った時も感じたけど、

美人女優が醜くなると主演女優もらえるもんなんですかね。

じゃあ美人女優じゃない人はどうなるんでしょ。

オスカーは仮装大会じゃないんだからって思うんですけどね。

ところで助演男優賞受賞のハビエル・バルデム。「私好みでセクシー」と予想コメントで書きましたが、実はあの「ペネロペ・クルス」と付き合っているそうですよ。そりゃセクシー度もアップするってもんでしょう。

|

« アカデミー賞前夜、ついに偉業達成! | トップページ | 福留孝介、歴史的デビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカデミーはやはり混戦だった:

« アカデミー賞前夜、ついに偉業達成! | トップページ | 福留孝介、歴史的デビュー! »